不用品回収

位牌処分方法!費用の格安・無料は?お焚き上げ費用

親が暮らしていた家を片付けている時や引越しなどで、位牌の処分を考えることがあります。位牌は、魂が宿るとも言われており、適当に処分するのは気がひけるものです。

今回は、位牌の処分方法を解説します。処分費用やお焚き上げについても触れていますので、処分に困っている人は参考にしてください。

※当社TRUSTCORP(トラストコープ)では、不用品回収サービスや高価買取を行っています。不用品回収では最安値保証でサービスを行っていますので、一度お気軽にこちらのページからご相談ください。

位牌とは?

位牌は、故人の戒名や法名、没年月日などが書かれた木製の仏具です。一般的には、故人の代わりとして、仏壇に祀られています。

亡くなってから四十九日までは、白木で作られた簡易型の位牌を使いますが、四十九日の法要には木製の本位牌を用意するのが通例です。

先祖が、この世に帰ってきた時に霊が宿る場所であり、供養の対象となっています。宗派によって位牌の形やサイズ、しきたりは異なりますが、ほとんどの宗派で必要とされる大切な存在です。

位牌の処分方法・捨て方

先祖の霊が宿る位牌を捨てる際は、魂抜きを行なった後にお焚き上げをする必要があります。それぞれの方法についてみていきましょう。

魂抜き

位牌は、購入時に「魂入れ」という儀式を行い、故人の霊魂が込められています。そのため、位牌を処分する際は「魂抜き」という儀式を行うのが一般的です。

魂抜きは、別名「性根抜き」「閉眼供養」とも言います。いずれも、位牌に宿った魂を、天上界に還す儀式です。

魂抜きをするかどうかは、それぞれの家庭の判断によるため、必ず行わなければならないというわけではありません。とはいえ、気持ちよく処分するためには、できるだけ行った方が良い儀式でしょう。

お焚き上げ

魂抜きによって空になった位牌を、浄化するのがお焚き上げです。いくら、空っぽになった位牌とはいえ、それまで長い間。魂の拠り所であったため、丁寧に供養する必要があります。

神社やお寺にて、ご祈祷もしくは読経を捧げた上で、位牌を燃やし供養するのが一般的です。普段からお世話になっている、神社やお寺がある場合は、直接持って行って相談すると供養してくれるでしょう。

お焚き上げも、魂抜きと同じく必ずしも行わなければならない儀式ではありません。とはいえ、家族や親族の中には儀式を大切にしている人も多いでしょう。後からトラブルにならないためにも、手順に従って供養することをおすすめします。

白木位牌の処分方法


白木位牌とは、葬儀から四十九日の法要まで使用される位牌を指します。非常にシンプルな位牌で、本位牌ができるまでの仮の位牌です。

白木位牌は、内位牌とも呼ばれ本位牌と同様に、戒名や没年月日、没年齢、俗名が記されます。四十九日の法要を迎えると、白木位牌から本位牌へと魂の移し替えが行われます。

そのため、四十九日の法要までに本位牌を用意しておかなければいけません。葬儀社等が用意してくれると思って、忘れてしまうケースが多いので注意しましょう。

魂が抜けてからになった白木位牌は、その後、法要を行ったお寺に収めてお焚き上げされるのが一般的です。葬儀社に法要を依頼した場合も、僧侶に引き取ってもらってお焚き上げをしてもらいましょう。

位牌を処分するタイミング

位牌を処分するタイミングは、人によって様々です。例えば、家族が暮らしていた家の遺品整理をしている際に、位牌も合わせて処分する人もいるでしょう。

新しい家に引っ越すにあたって、仏壇を設けなかったため位牌を処分したいというケースも少なくありません。近年は、洋室が多くなっており、位牌を安置する場所がないことも多いでしょう。

そのほか、「弔い上げ」をきっかけに位牌を処分するケースもあります。弔い上げとは、三十三回忌や五十回忌など、区切りのいい法要を機に、年忌法要をやめる場合に行う最後の法要です。

弔い上げのタイミングで、そのほかのご先祖様と合わせて合同の位牌を作ることがあります。そのため、個々の位牌から魂を抜き、合同の位牌に魂を移す作業を行います。

位牌の処分費用・お焚き上げ費用

位牌を処分する方法として、仏具専門の処分業者に依頼する方法と寺社に依頼する方法の2パターンがあります。

処分業者に依頼する場合は、10,000〜30,000円程度が相場です。依頼時に料金を提示されるので、わかりやすいでしょう。

一方、寺社に依頼する場合は、「お布施」として位牌のお焚き上げの費用を納めます。お布施の相場は、10,000〜50,000円程度とされていますが、宗派や地域のしきたりによって異なるため、わからない時は親族や寺社側に相談するとよいでしょう。

また、自分で寺社に位牌を持っていくのではなく、僧侶や神主に来てもらう場合は、「お車代」も必要です。お車代は一般的に、5,000〜10,000円程度が相場だとされています。寺社から自宅までの距離を目安に考えるとよいでしょう。

位牌処分を格安にする方法

位牌の処分費を抑えたいときは、遺品整理業者に依頼するのがおすすめです。遺品整理業者であれば、他のアイテムと一緒に処分してくれるため、実質位牌の処分費用は無料となります。

遺品整理業者が位牌を処分する際の方法は、合同供養が一般的です。合同供養だからといって、菩提寺で弔ってもらうのと差があるわけではありません。故人を敬い供養するのには変わりないため、安心して処分できるでしょう。

また、気にならないのであれば、自治体のルールに従って処分する方法もあります。木製であれば「可燃ゴミ」、不燃素材が使われている場合は分別して出すようにしましょう。ただし、親族や家族間のトラブルにならないように、話し合いを行った上で処分することが大切です。

位牌は無料でも処分できる?

位牌を販売する企業や慈善事業で無料処分ができるところもあります。ただ、基本的にはお金のかかるところが多いでしょう。

位牌の宗派別の処分方法

浄土真宗では、基本的に位牌を用いないため、位牌が必要になることはないでしょう。

浄土宗では、位牌へ魂入れの儀式を行うため、処分する際には、魂抜きを行いましょう。その他に、曹洞宗・日蓮宗などがありますが、位牌を用いる宗派のため、魂抜きをして、お焚き上げをしてもらうとよいでしょう。

まとめ

位牌は、故人の魂が宿る大切な仏具です。処分するタイミングが訪れても、無下に扱うことなく丁寧に処分するように心がけましょう。

※当社TRUSTCORP(トラストコープ)では、不用品回収サービスや高価買取を行っています。不用品回収では最安値保証でサービスを行っていますので、一度お気軽にこちらのページからご相談ください。

-不用品回収

通話料無料!すぐに概算見積もり可能
最安値保証宣言!他社より高い場合はご相談ください

0120-538-889 LINE問合せ