不用品回収

岡山の家電回収処分方法4個と費用!無料回収は?

引越しシーズンなど、家電を買い替えるタイミングで悩むのが家電の処分方法です。特に家電リサイクル法の問題などがあり、どのように捨てたらいいかわからない人も多いでしょう。

岡山県も例外ではなく、家電の処分方法に頭を悩ませている人が少なくありません。今回は、岡山の家電回収処分方法や費用などを解説します。

※不用品回収は、プロが在籍するTRUSTCORP(トラストコープ)へ!最安値保証。無料お見積もりはこちら。

家電リサイクルの対象品目

家電を処分する際に気をつけなければならないのが、家電リサイクル法です。家電リサイクル法は、正式名称が「特定家庭用機器再商品化法」といい、一般家庭や事務所において不要になった家電から、リサイクルできる部品や材料は再度使い、資源の有効活用やゴミを減らす目的で制定されました。

家電リサイクルの対象品目は、「家庭用エアコン」「テレビ(ブラウン管・液晶・プラズマ)」「冷蔵庫・冷凍庫」「洗濯機・衣類乾燥機」の4種類です。

家庭用機器であれば、事務所で使用されていても同様に家電リサイクルの対象となります。反対に、業務用機器であれば、家庭で使用されていたとしても、対象外となるため注意が必要です。これらの4品目は、家電リサイクル法に則って、適切な処分方法を選ばなければなりません。

リサイクル家電処分費用

家電リサイクルの対象となる家電を捨てる場合、処分費用が必要となります。費用の内訳は、リサイクル料金と収集運搬料です。リサイクル料金は、最低料金が定められていますが、基本的にメーカーによって異なります。
各メーカーのリサイクル料金

また、収集運搬料は業者によって様々です。家庭用エアコンのリサイクル料金は、おおよそ990円程度が一般的です。テレビはサイズや種類によって異なります。例えば、液晶プラズマテレビであれば、3000円程度が主流でしょう。

冷蔵庫・冷凍庫はサイズによっても異なってきますが、おおよそ4000円程度で引き取るメーカーが多く見られます。洗濯機・乾燥機は、3000円程度が相場です。

岡山の家電回収処分方法4個

岡山で家電を回収もしくは処分するためには、次の4つの方法があります。それぞれの処分方法を見ていきましょう。

1. スクラップ工場に持ち込む

鉄くずや金属類をスクラップ回収している業者に持ち込むのも一つの手段です。スクラップ工場では、鉄くずや金属を買い取ってくれるケースがあります。

しかし、家電の処分に関しては、リサイクル料金がかかるため注意が必要です。とはいえ、業者によっては安く引き取ってもらうこともあるほか、他の金属ゴミと合わせて捨てれば、結果的に買取料金の方が多くなる可能性もあるでしょう。

スクラップ工場に持ち込む手順は次の通りです。まず、スクラップ業を営む会社を探し、処分ができるかどうかを確認しましょう。可能であれば、料金を尋ねて、処分したい家電を工場へと持ち込みます。業者によっては、引き取りを行っていない家電もあるので、必ず事前に確認することをおすすめします。

2. リサイクル券を購入する

家電を処分する方法として、指定取引場所へ搬入もしくは自治体に収集してもらうパターンがあります。この時必要となるのがリサイクル券です。リサイクル券は郵便局で購入することができます。

指定取引場所に持ち込む場合は、運搬料がかからないため、その分安く処分できるでしょう。処分したい家電のリサイクル料金を調べた上で、リサイクル券を購入し、リサイクル券を貼り付けて持ち込みます。

<指定取引場所>

会社名 住所 電話番号
平林金属株式会社 岡山市北区下中野406-1 086-241-6943
センコー株式会社 岡山市東区上道北方121 086-279-7311

自治体に収集を依頼する場合は、収集運搬費が必要となるので、注意しましょう。収集運搬費は、おおよそ2,500〜3,500円程度です。とはいえ、信頼できる処分方法なので、安心して捨てやすいでしょう。指定取引場所に持ち込む場合と同様に、リサイクル券を購入して家電に貼り付け、指定場所へ搬出します。

3. 買ったお店に処分を依頼する

家電を販売する小売業者は、過去に販売したリサイクル家電の引き取りを依頼されたら、引き受ける義務があります。そのため、購入店を覚えている場合は、引き取りを依頼するのも処分方法としておすすめです。

また、買い替えをする場合も、家電の小売店が不要となった家電の引き取りをしてくれるので、非常に助かります。

岡山にも大手家電量販店を始めとする家電の小売業者がたくさんあります。他の処分方法と同じく、リサイクル料金と収集運搬費の支払いが必要です。

ただし、すでに購入した店舗が閉業している場合は、購入店での引き取りができません。この場合は、違う処分方法を選ぶか、別の店で家電の買い替えをする際に引き取りを依頼しましょう。

4. 不用品回収業者に引き取ってもらう

急ぎで家電を処分したい場合は、不用品回収業者がおすすめです。即日引き取りも可能なケースが多いため、非常にスムーズに処分ができます。

場合によっては、買取を行っている業者もあるので、リサイクル費用を安く抑えられる可能性もあるでしょう。ただし、業者の中には適正な処分をしていないところもあるので、優良な業者を選ぶことが大切です。法律に則って処分を行い、法外な値段を請求してこないような業者を選ぶようにしましょう。

一般廃棄物収集運搬業の許可を得ている業者もしくは市町村の委託業者であれば安心です。業者が決まれば、見積もりを出してもらうことが欠かせません。金額が問題なければ、正式に依頼して家電を引き取りに来てもらいましょう。

小型家電の処分方法

テレビやエアコンなどの処分を定めた家電リサイクル法の他に、デジタルカメラやゲーム機といった小型家電を処分する上での決まりもあります。それが、小型家電リサイクル法です。

小型家電リサイクルの対象となるアイテムは、28品目もあります。例えば、電話機や携帯、体重計など家庭で使うほとんどの電子機器が対象です。

小型家電を処分する場合は、自治体のルールに沿って捨てる方法と民間の回収業者に依頼する方法があります。自治体で捨てる場合、各市町村でルールが異なるため、確認してから捨てるようにしましょう。

民間の業者に処分を依頼する場合、業者によってサービス内容が異なります。状態の悪いものであれば、不用品回収業者に依頼して引き取ってもらうのが一般的です。

複数の小型家電をまとめて捨てる場合や状態の良いものを処分したいときは、出張買取をしてくれる業者もあります。何れにしても、優良業者を選ぶように心がけましょう。

不用品回収業者の選び方

優良な不用品回収業者は、基本的に一般廃棄物収集運搬業許可を持っています。また、ホームページやチラシ等でしっかりと明確な料金を提示している点もポイントです。

曖昧な料金設定だったり、あまりにも高すぎる設定の場合は注意する必要があります。その他、請け負った業務の事例を載せているかどうかもチェックしましょう。

こまめにブログをあげていたり、複数の事例を写真付きであげていたりすれば、安心感があります。さらに、口コミもチェックしておけば、より間違いのない業者を選びやすくなるでしょう。

家電回収品目一覧

続いては、主な小型家電の回収品目を一覧でまとめます。処分方法に悩んでいる人は、チェックしておきましょう。

・電話機
・ファクシミリ
・ルーター
・携帯電話
・タブレット
・カーナビ
・デジカメ
・ビデオカメラ
・DVDプレイヤー
・パソコン
・ヘッドフォン
・USBメモリー
・モニター
・プリンター
・電卓
・電子ヘルスメーター
・電子ミシン
・電子ジャー
・食洗機
・電気ポット
・コーヒーメーカー
・電子レンジ
・扇風機
・加湿器
・電気アイロン
・ドライヤー
・電気芝刈り機
・懐中電灯
・腕時計
・電子ギター
・携帯型ゲーム機
・リモコン
・ACアダプターなど

岡山の家電回収

まとめ

今回は、岡山県でのリサイクル家電の捨て方を紹介しました。家電や小型家電を捨てる際には、家電リサイクル法を意識する必要があります。業者に依頼する際も、しっかりと法律に則り適切な処分方法を手がけているところを選ぶように心がけましょう。

※不用品回収は、プロが在籍するTRUSTCORP(トラストコープ)へ!最安値保証。無料お見積もりはこちら。

-不用品回収

通話料無料!すぐに概算見積もり可能
最安値保証宣言!他社より高い場合はご相談ください

0120-538-889 LINE問合せ