不用品回収

カラーボックス処分方法・捨て方6個!可燃ごみ・のこぎり

いらなくなったカラーボックスの処分方法・捨て方に困っている人はいませんか?

カラーボックスはそのまま可燃ごみとして処分することはできません。

今回はいらなくなったカラーボックスの処分方法、可燃ごみとして出す方法などについてご紹介していきます。

※安くカラーボックス処分を依頼したい方は、TRUSTCORP(トラストコープ)へ!無料お見積もりはこちら

カラーボックスは何ゴミ?

結論からお伝えすると、カラーボックスは粗大ゴミ(有料)として処分することができます。

基本的には自治体や不用品回収業者にて処分する必要があり、いらなくなったカラーボックスをそのまま可燃ごみとして出すことはできません。

カラーボックスはサイズによっては運搬するだけでも大変ですし、処分するだけでお金がかかってしまうことが多いです。

カラーボックスの処分方法・捨て方6個

ここからは、カラーボックスの処分方法・捨て方をご紹介していきます。

1. 粗大ゴミに出す

カラーボックスは粗大ゴミとして出すことができます。

自分が住んでいる自治体に連絡を入れて、「有料ゴミ処理券」をもらってカラーボックスに貼り付けでゴミに出すことで、カラーボックスを回収してもらうことができます。

また、粗大ゴミ処理券があれば自分でゴミ回収センターに持ち込んで処分することも可能です。

2. カラーボックスを譲る

自分は使わなくなったカラーボックスでも、誰かからすると必要なカラーボックスかもしれません。

カラーボックスがなくて困っている親戚や知人に譲ることで、お金をかけることなく処分できますし、相手に喜んでもらえるため、カラーボックスを有効活用することができます。

また、譲る相手がいなくてもカラーボックスは困っている人達に寄付することも可能です。

3. リサイクルショップで買い取ってもらう

いらなくなったカラーボックスはリサイクルショップで買い取ってもらうことが可能です。

リサイクルショップや状態によっても異なりますが、0円~数百円程度で買い取ってもらえるため、処分費用がかからずに、むしろお得にいらなくなったカラーボックスを処分することがができます。

しかし、リサイクルショップで買取ってもらう場合は基本的に買い取ってもらえる可能性は低いため、注意が必要です。

4. 不用品回収業者に回収してもらう

いらなくなったカラーボックスは不用品回収業者に回収してもらうことができます。

不用品回収業者に回収してもらえば、自宅から運搬する必要もなく、自分の好きな時間に回収してもらうことができます。

また、不用品回収業者はトラック1台〇〇円などの料金設定を設けていることも多く、カラーボックス1つではなく、3つ4つ、他の家電や家具なども一緒に回収してもらうことができるため、一気にまとめて断捨離できるため、おすすめです。

不用品回収業者は各業者やプランによっても費用が異なるため、なるべく安い費用で処分したい場合は何社かの業者から見積りをとるのが良いでしょう。

5. 解体する

知らない人も多いですが、カラーボックスは自分で解体してサイズを小さく解体すれば可燃ごみとして出すことができます。

安いカラーボックスや小さいカラーボックスであれば自分一人で解体しいて可燃ごみとして出すことができるため、後程カラーボックスを可燃ごみとして出す方法、解体方法などをご紹介していきますので、参考にしてください。

6. フリマアプリやネットオークションで売る

いらなくなったカラーボックスはメルカリやラクマなどのフリマアプリ、ヤフオクなどネットオークションで売ることができます。

フリマアプリもネットオークションもカラーボックスの写真を取って商品を投稿し、後は購入者が出てくるまで待っているだけで、処分できます。

フリマアプリやネットオークションであれば全国でカラーボックスを必要としている人に売ることができるため、購入してもらえる可能性も高いです。

しかし、購入者が決まった場合は自分で梱包して配送しなければいけませんので、手間がかかることは頭に入れておきましょう。

カラーボックスを可燃ごみで捨てるには?

カラーボックスは可燃ごみとして出すことも可能です。

しかし、そのままカラーボックスを可燃ごみとして出せるわけではなく、カラーボックスを可燃ごみとして出す場合はサイズを小さくしなければいけません。

カラーボックスを可燃ごみとして出せるサイズの基準は自治体によっても異なりますが、横浜市では一番長い一辺が50センチ以上のものは粗大ゴミになってしまいますが、一辺の長さを50センチいないにすれば可燃ごみとして出すことが可能です。

基準は各自治体によっても異なるため、まずは自分の住んでいる自治体の基準の調べてみてください。

カラーボックスを解体して可燃ごみとして出すことができれば、手間はかかるものの、費用は処分する際の費用はかかりませんので、お金をかけたくない人は解体にチャレンジしてみてください!

カラーボックスは折ることはできる?割り方は?

カラーボックスは基本的に「木」でできていることが多く、基本的には簡単に折ったり割ったりすることは難しいです。

カラーボックスを可燃ごみとして出す場合にサイズを小さくする必要がありますが、怪我をしてしまうこともあるため、基本的にはのこぎりなどの道具を使って小さく解体するようにしましょう。

カラーボックスののこぎり解体方法

カラーボックスを解体する際に必要・便利な道具は以下になります。

<必要な道具>

・のこぎり
・軍手
・ブルーシート
・ドライバー
カラーボックスを解体する場合は、これらの道具を事前に揃えておきましょう。

<解体する手順>

カラーボックスは以下の手順に沿って解体していきます。

①固定されているネジを外す
②板をバラバラにする
③のこぎりを使ってサイズを小さくする

では、さっそく手順に沿って解体方法を確認していきましょう。

①固定されているネジを外す
まずはカラーボックスに固定されているネジをドライバーを使って全て外してください、ネジを外す際は必ず上から外すようにしましょう。

②板をバラバラにする
固定されているネジを全て外し終えましたら、続いて、板をバラバラにしていきます。

カラーボックスによってはネジを外しても固定されていることがあるため、その場合はハンマーなどを使ってバラバラにしてください。

③のこぎりを使ってサイズを小さくする
カラーボックスの板を1枚1枚バラバラにすることができましたら、のこぎりの使って自分の住んでいる自治体で可燃ごみとして出せるサイズまで小さく解体しましょう。

のこぎりを使って解体する場合、細かな木のくずが出て、解体後の掃除が大変になりますので、外で解体したり、下にブルーシートを敷いたりなどの対応をとってください。

基本的にはこのような簡単な作業でカラーボックスを解体することができ、女性一人でも解体可能になりますので、お金をかけずに処分したい人は、上記の手順に沿ってカラーボックスを解体してください。

カラーボックスの処分費用

自治体に依頼する場合には200円程度です。自治体に連絡して自宅まで回収に来てもらいましょう。

すぐに処分してほしい人は、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。数千円から依頼することができますが、依頼する場合は、他のものと一緒に回収してもらうのがお得でおすすめです。

※安くカラーボックス処分を依頼したい方は、TRUSTCORP(トラストコープ)へ!無料お見積もりはこちら

まとめ

今回はいらなくなったカラーボックスの処分方法、可燃ごみとして出す方法などについてご紹介してきました。

カラーボックスは自治体や不用品回収業者、リサイクルショップなどで処分することができます。

しかし、カラーボックスを処分する際に費用がかかってしまったり、運搬する手間がかかることもあるため、お金をかけずにカラーボックスを処分したい場合は、解体して処分することをおすすめします。

-不用品回収

通話料無料!すぐに概算見積もり可能
最安値保証宣言!他社より高い場合はご相談ください

0120-538-889 LINE問合せ