不用品回収

砂利の処分方法6個!費用・無料回収や持ち込みは?

庭を作り直す際に、砂利が不要になって処理に困ることがあります。しかも、砂利は大量になると相当の重量があり、簡単には処分できません。

今回は、砂利の処分方法を解説するとともに、無料回収や持ち込み方法についても触れていきます。

※不用品処分は、プロが在籍するTRUSTCORP(トラストコープ)へ!最安値保証。無料お見積もりはこちら。

砂利の処分方法6個

砂利の処分方法は、処分する状況によっても様々です。続いては、主な砂利の処分方法を紹介します。

1. 自治体のゴミ回収に出す

自治体によっては、普段のゴミ回収で処分してもらえる可能性があります。全ての地域で処分対象になっているわけではありませんが、一部地域では、指定の民間業者や自治体のクリーンセンターに持ち込むのが一般的です。

ただし、あまりに大量だと引き取ってもらえないケースもあるため、事前に確認しておく必要があります。

また、ゴミの種類も自治体によって異なります。回収対象になっていたとしても、どのゴミに該当するのか調べた上で出すようにしましょう。

2. 不用品回収業者に依頼する

大量の砂利を処分する場合は、不用品回収業者に問い合わせるのも一つの手段です。業者が自宅まで来てくれて、一度に処分してくれるため、時間がない場合でも助かります。

また、砂利以外の不用品も合わせて処分すれば、一気に断捨離ができるでしょう。引き取り料金は回収業者によって異なるため、前もって確認しておくことが大切です。

業者によっては、買取も行っているため、買取対象のアイテムと合わせて処分すれば、砂利の処分費用が安くなる可能性もあります。

3. ホームセンターに依頼する

ホームセンターで新たに砂利を購入する場合は、不要となった砂利を引き取ってくれるケースがあります。

購入条件を満たせば、無料で引き取ってもらえるため、できるだけ安く処分したい人に向いているでしょう。

また、DIYをする人にもおすすめの方法です。しかし、新たに購入しない場合は、引き取り不可能なので、単に古い砂利を捨てたい場合には利用できません。

4. 造園業者に依頼する

砂利の取り扱いに長けている、造園業者や石材屋でも処分を請け負っているケースがあります。

砂利石の種類によっては買取してもらえることもありますが、昔ほど買取ができる業者も多くないため、基本的には有料処分となると思っておいたほうが無難です。

依頼する前に、処分費用を確認してから処分するようにしましょう。砂利を敷き直す場合であれば、敷き直し作業に合わせて古い砂利を処分してもらえます。作業の一環なので、処分コストを抑えられるでしょう。

5. 必要な人に譲る

砂利は、新たに購入すると割と費用がかかります。そのため、これから庭づくりをしようとしている人にとって、無料や格安で手に入る砂利があれば、中古であっても嬉しいものです。

身近に砂利を必要としている人がいれば、声をかけてみることをおすすめします。ただし、砂利の量が多かったり、遠方に運ぶ必要があったりすると、運搬費が高くつく可能性もあるので、計算してから譲るようにしましょう。

6. 庭に埋める

砂利の引き取り手が見つからず、処分費も用意できない場合は、庭に埋めてしまうというのも一つの手段です。

砂利が多い場合、かなり掘削する必要があり労力がかかりますが、一番費用がかからない方法といえるでしょう。

例えば、庭を駐車場にするようなリフォームを考えていれば、施工業者に依頼して埋めてもらうことができます。ただし、これから売却予定の土地には埋められないので注意が必要です。

砂利の処分費用

砂利の処分費用は業者によって異なりますが、一般的に1kgあたり約40円です。1平方メートルのスペースに砂利を引く場合、60〜80kg程度の砂利が必要だといわれています。

つまり、1平方メートル分の砂利を捨てるだけで、2,400〜3,200円程度の処分費が必要となる計算です。

例えば、駐車場1台分だと16平方メートル程度のスペースがあるため、砂利の処分には少なくとも40,000円程度かかることになります。

さらに、人件費や運搬費などがかかるため、合わせて計算しなくてはなりません。業者によっては、トラック1台分で値段をつけているところもあるので、賢く業者選びをすると、処分費用を抑えられます。

そのほか、鉱物のリサイクル業者であれば、1kgの処分費が一般的な料金より安く設定されているので、処分料が多い場合には参考にしてみるとよいでしょう。

砂利を無料回収してくれるところは?

砂利を処分する際に、できれば無料で回収してもらえると助かると考える人は多いでしょう。

基本的には有料であり、無料回収は難しいですが、賢く処分すれば無料回収してもらえる可能性もゼロではありません。

例えば、ホームセンターや庭屋さんなどで新しい砂利を購入し、敷き直す場合であれば、古い砂利を無料で引き取ってもらえる可能性があります。

また、不用品回収に依頼をして、砂利以外のアイテムも合わせて引き取ってもらえば、引き取り対象によっては買取になるため、差し引きで無料になることもあるでしょう。

そのほか、高級な砂利石であれば、買取をしてくれる業者も少なからず存在するため、まずは問い合わせてみるのがおすすめです。

砂利の持ち込み処分方法は?

砂利を処分する際に、処分費用の多くを占めるのが運搬料です。そのため、できれば自分で持ち込んで費用を抑えたいと考える人も多いでしょう。軽トラなどの車両をもっているのであれば、自分で持ち込み処分することができます。

例えば、自治体の処分場やホームセンターなどの処分対象に当てはまれば、持ち込み処分でも問題ありません。

砂利を持ち込む場合は、土嚢袋に小分けしておくようにしましょう。持ち込みであれば、運搬費がかからず、処分費用も抑えられます。ただし、砂利ひとつ一つは小さい石ですが、集まれば大変な重さになるので注意が必要です。

まとめ

庭を演出する砂利ですが、処分するとなると意外と困る存在です。大量にあれば重量もあり、一人で処分するのは困難でしょう。

砂利の処分方法は様々にあるので、自分にあった方法を選ぶと、リーズナブルに捨てられる可能性があります。処分する際は、必ず事前に見積もっておくようにしましょう。

※不用品処分は、プロが在籍するTRUSTCORP(トラストコープ)へ!最安値保証。無料お見積もりはこちら。

-不用品回収

通話料無料!すぐに概算見積もり可能
最安値保証宣言!他社より高い場合はご相談ください

0120-538-889 LINE問合せ